「ほっ」と。キャンペーン

いつもかけてもらう言葉「DEEP BREATH」。スーっと大きく深呼吸する。


by KOZU0520
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

暖炉の上のTV設置作業

f0148725_858795.jpg


先日書いた通り、新居へ引っ越す前に壁の色を変更したり、カーペットをハードウッドにしてもらったり等の結構大掛かりなリフォームは既に済んでおりますが、快適に生活する為に少しずつ変更をする予定。
そんな訳で毎日業者さんが見積もりに来たり、作業しに来ています。

アメリカのサービスについては私どころか主人の方が、「○時に来るって言ってたけど、3時間くらいは遅れてくると思っていた方が良いよ」とか少々ネガティブでしたが、今のところどの業者さんも問題なく時間通り、あるいは30分程遅れるだけで(それでも電話を下さいます)スムーズに事が運んでおります。
私も主人も、10年前のアメリカに比べサービスも人間も(差別など)良くなっている事を実感。

数日前は、ファミリールームのテレビを暖炉の上に取り付けに来て頂きました。
家探しの時に、何軒か暖炉の上にテレビを設置していらっしゃるお宅があって、「最悪。。。」と思ったのですが、我が家のファミリールームのレイアウトを考えるとここが一番しっくり来る事が分かり、画面フレームに光沢があるテレビなら見た目も悪くないんじゃないか?という事になり、設置&配線を壁に入れて下さる方を探していました。(私がどうしても配線が見えるのが嫌いでして(汗))

こちらでは、テレビを購入したお店で設置をして下さらない場合が多いです。
特に我が家の様に配線を壁の中に入れて欲しいという場合は難しそうですね。
私たちも主人の友人数名に聞きましたが、殆ど全員「暖炉の横にキャビネット置いて、その上にテレビ置けば良いんじゃない???」って感じ。
一歩も譲りたくなかった私は、ウッドデックを広げてくれた大工さんに聞いてみました。
そしたら大工さんのご近所に先日引っ越して来た人がテレビ配線のプロだと言うではありませんか!!!!!
ラッキー♪
NYに住んでいるアラブのロイヤルファミリー(親戚)の為にわざわざNYまで時々行く人らしいと聞いて、信用出来るに違いないと思い早速お願いして来て頂きました。
2年前に学校を卒業した若者(←おばさんっぽい言い方???)で、とても礼儀正しく、良い仕事をしてくれました!(ファミリールームとマスターベッドルームで合計2台設置してもらいましたが、大満足です)

生憎作業中の写真しかありませんが、日本から家具が届いてそれなりに形になったら写真をアップしたいと思います。
[PR]
by kozu0520 | 2009-10-27 09:21 | house&interior